一般歯科治療

一般歯科治療

  • いいね!

歯科治療の基本は、日々の丁寧なブラッシング。

一般歯科では、虫歯・歯周病・入れ歯・ブリッジなどの一般的処置を行っております。当院では『ブラッシング指導』に力をいれております。せっかく治療した歯でもその後の手入れ(ブラッシング)がおろそかになると虫歯・歯周病が再発してしまいます。ですから歯科治療の基本はブラッシングだと当院は考えております。特に歯周病治療にとってブラッシングは非常に重要になります。お口の健康を保つには日常のケアと定期的なメインテナンスが大切です。

昔は、『歯が痛くなったら歯医者で治してもらおう』という時代でしたが歯周病などは自覚症状なく進行しますので痛みが出たころには歯を抜かなくてはならない状況になってしまいます。今の時代は『歯が痛くなる前に検診してもらおう』つまり“予防”が非常に大切になります。

自分の歯で何でも噛める頃は、一本のありがたみはなかなか気づけませんが、やはり歯周病で歯を抜いた患者様や義歯を装着された患者様のお話を伺わせていただくとやはり『自分の歯のようにはおいしくご飯が食べられない』というのをよく耳にします。ですから当院ではできるだけ歯を抜かないように治療するように努力しております。患者様と共に一本でも多く一生ご自分の歯でおいしく食べていただくためのお手伝いをさせていただければと思っております。

説明と優しさで

当院では、ドクター・スタッフが患者様が治療に対して納得しご理解いただけるよう説明に力をいれております。内容が複雑な歯科治療ですから少しでも分かりやすいよう口腔内デジタルカメラ・デジタルX線・模型・図・写真等を使い患者様に説明させていただいております。 歯科治療は、『大人も子供も怖いものだ』という事を前提に患者様に優しさをもって接する様に努力しております。歯科恐怖症の方もぜひご相談ください。

痛くない治療へ

歯を削ったり抜いたりする場合、局所麻酔を用いて治療するのが一般的ですが麻酔時の痛みも可能な限り少なくしていかなくては意味がないと考えております。当院では、麻酔の痛み軽減、歯を削る痛みの軽減のため以下のような治療をしております。

point ① | 麻酔部位に(針が入るところ)表面麻酔を使用

スプレータイプ、ゼリータイプ(フルーツの香り)の表面麻酔をすることにより針が入ったときの痛みを可能な限りおさえることができます。

point ② | 電動麻酔器、無針注射器を使用

電動麻酔器を使用することにより、ゆっくりと薬剤を注入することが可能で液体が入るときに生じる圧力による痛みを軽減することができます。電動で一定の速度で薬剤を注入できるため確実な麻酔効果を得ることができます。無針注射器(麻酔器)は、使用できる症例(病気の状態等)は限られますが針を使用しないため痛みがほぼ無い状態で薬剤を注入することができます。しかしながら、電動麻酔器に比べると麻酔の効きが弱くすべての処置に使えるわけではないという特徴もあります。

point ③ | もっとも細い針で、麻酔薬を体温付近に温めてから使用

針を、細いものに変えることにより痛みを最小限に抑えます。また麻酔薬を電子保温器で体温付近まで温めることにより、体内との温度差で生じる痛みを和らげることができます。

point ④ | 5倍速コントラを使用

従来の歯を削る装置(エアタービン)は圧縮空気を吹き付けた風車の高速回転を利用していますので回転時の音と振動がどうしても避けられません。歯科が嫌いな患者様(お子さま)はこの音に不快感を覚える方も多いようです。当院で使用している5倍速コントラは、トルクの強い電気モーターと精密な歯車を用いた振動と騒音の少ない切削装置です。精密で滑らかな切削が行えます。また振動や痛み、音など、患者様の感じる不快感が極めて少なくなっています。痛みが少ないので無麻酔で切削できる(虫歯治療をできる)量が多いのも特徴のひとつです。

ページの先頭へ戻る